美容&健康のセルフケア 最新情報

食材の健康効果や選び方、マッサージやストレッチなど、誰でも何歳でも今日から実行できる健康管理術を記事にしています

【名医とつながる】認知症予防に沖縄のシークワーサー

2019年10月15日(火)

【名医とつながる!たけしの家庭の医学】
脳を老けさせたくない人必見

最新の認知症予防法
「これ以上脳を老けさせない!
認知症2つの最新予防法SP」

認知症になるリスクの診断。
沖縄の長寿村で認知症予防の
切り札となる「ノビレチン」
が豊富でよく食べられている
食材をお伝えします。

 

1.脳の神経細胞 減少チェック!

2025年には約5人に1人が
認知症高齢者になるとの推計もあるほど、
認知症の患者数が増えている日本。
 

医学界では今、脳の表面を覆う
神経細胞の塊の部分」が
認知症の予防・改善のために
注目されています。

この脳の神経細胞が減り始めている人は、
近い将来、認知症を発症する可能性が高い、
ということがわかってきています。

脳の名医である猪原匡史先生
によると、身の危険や恐怖を感じた時
の行動を見ると、脳の神経細胞
減り始めているかどうかがわかるそうです。

脳の老化が気になる60代から70代の
男女9名の協力のもと、脳の神経細胞
減っているかどうかを検証。
遊園地「としまえん」のお化け屋敷で
全長200mの道のりの至るところに
ゾンビが出現するという
恐怖を感じる空間の中で、
被験者たちがどのような行動を取るか?
被験者たちの行動は、

・恐怖を楽しむ
・諦めてリタイアする
・付き添いの息子に隠れながら
     絶叫と号泣を繰り返す
・ゾンビを威嚇する
・恐怖の中でも動じない

などに分かれました。果たして将来、
認知症を発症するリスクがあるのは、
どの行動なのでしょうか?
実際に被験者の皆さんの脳を
MRI検査で調べると、

人の脳の神経細胞に減少の兆しがあり
ある行動をとった人の脳が
正常値よりも神経細胞が約12%も
減少してました。

そのは1分で退散した田澤さんの行動。
すぐにリタイアするという行動は
恐怖に対して諦める事が脳の
神経細胞の減少と関係があるそうです。

認知症の鍵をにぎる神経細胞の塊には、
意欲ややる気を司る側坐核
減少しやすく、この部分が低下すると、
恐怖を感じた時にすぐ諦めるという。

普段の生活でも、家事などをするのが
億劫に感じる方は要注意です。

2.リンゴ型体型は要注意

リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型のうち、

認知症になるリスクが高いのはどれ?
脳の神経細胞が減ることで起きる、
認知症を早期発見する方法。

新しい事を学ぶ気持ちがなく、
意欲が低下している人は
脳の神経細胞である
灰白質が萎縮している可能性がります。

体に体型がリンゴ型の人は
内臓脂肪が溜まっているので、
炎症物質がつくられて
神経細胞を攻撃してしまいます。

エストの数値をヒップの数値で割り、
男性だと1.0以上、女性だと0.9以上が
認知症リスクが高いそうです。

3.サウナを使った検証結果・予防法

サウナ大国であるフィンランド
最新の研究によると、サウナに
週4回以上入っている人は66%も
認知症のリスクが下がったそうです。

サウナに入ることで、脳の表面の
神経細胞を増やすという方法が
どれほどの効果が期待できるのか?

サウナに定期的に入ると
脳の血流が増加して神経細胞を刺激し、
加齢による細胞の減少を食い止めると
考えられている。

血液の速さを計測すると
サウナが最も血流がよく、
さらに効率よく脳血流を上げて
神経細胞を活性化するという。

国際医療福祉大学の前田先生が
効果的なサウナの入り方を
教えて下さいました。

田澤さんはここ10年で片付けをする
意欲がなくなったと言い、
平常時の脳へ流れ込む
血流の速さを測定すると、
脳血流が滞り気味であると判明した。

田澤さんは前田先生から
80℃のサウナに入って5から10分温まる入り方
を教えてもらった。体を洗って
水を拭き取った田澤さんはサウナに入り、
汗ばむ程度になってから水風呂に浸かった。

サウナに10分入った田澤さんは、
温冷交代浴の真骨頂である
水風呂に30秒ほど浸かりました。
慣れないうちは
肩まで浸かる必要はないそうです。

サウナで拡張して血流が増加した血管が、
水風呂によって冷たい刺激で
収縮を始めるそうです。
水風呂でリラックスすることで、

脳の神経細胞が活性化。
7日間温冷交代浴を行った田澤さんは、
10年以上手つかずだった片付けを始めました。
その翌日、田澤さんは平常時の血流を測定すると
血流が良くなっていた。血流改善は
家のお風呂でもできるそうです。

自宅のお風呂でサウナ

41から42℃のお湯に約15分浸かり
少し汗をかく程度身体を温めます。
30℃の低温シャワーを30秒ほど浴びると
サウナと水風呂のような効果があります。

4.認知症チェック・予防

脳の神経細胞がきちんと保たれているか。
足踏みをして100から数字の
『5』を引いていく。できないと
2つの事が同時に出来ない脳の『ながら力』が
衰えている可能性があります

認知症予防  ノビレチン

長寿村の人たちが毎日のように
食べている食材とは?

認知症患者が増えつつある日本
遠藤英俊先生によれば、
人間は加齢や老化によって、
神経細胞のネットワーク機能が衰え、

最悪の場合、認知症を発症するが、
最近になってある成分が、
脳の神経細胞のネットワークを
劇的に再生することがわかりました。

認知症対策の切り札とされる
その成分の名は「ノビレチン」。
薬としての実用化は早くても
数年後と言われていますが、

実はノビレチンは、ある食材にも
豊富に含まれており、その食材の

キーワードは「酸を食わすもの」。
「酸を食わすもの」とは、
いったいどんな食材なのでしょうか?
その食材が日本一食べられている

沖縄県大宜味村(おおぎみそん)。
日本有数の長寿の村です。

道の駅の販売員として働く仲井真幸子さん
(90歳)は、集まった子どもや
ひ孫の名前から仕事のプロフィールまで、
スラスラと答えることができるほどの
記憶力を持っていました。

そこで紙とペンを用意して
15個の単語を暗記。60秒間で
できるだけ思い出す認知機能の
チェックを行いました。

100歳の真栄田さんは検証結果の
脳年齢が30代から40代でした。

90歳の仲井間さんは70代、
地元の歌劇団に所属している
77歳の新城弘子さんは50代でした。

10人中8人が実年齢よりも
脳年齢が若かったという
結果になりました。

5.スーパー食材 シークヮーサー

f:id:shitteyokatta:20200107053542p:plain
大宜味村のお年寄りたちが口をそろえて

「毎日食べている」というのが、

「酸を食わすもの」。

記憶力テストで、夫婦で脳年齢が
30歳も若かった新城(あらしろ)さん夫妻は

ノビレチンを豊富に含む食材
酸を食わすものとはシークヮーサー
お刺身に絞りかけ、醤油にも丸ごと投入。

さらにシークヮーサー生搾りジュースを
毎食欠かさずに飲んでいました。

志良堂さんはシークヮーサージュースを
冷やして飲んでいました。

6.ノビレチンを効率的に摂取する方法

遠藤先生によると、
シークヮーサーにはノビレチンが
多い時期があり、9月から12月に実がなり、
11月以降に熟すそうです。


しかし、熟したものよりも青い方が
ノビレチンの含有量が2.5倍も多く
特に皮に多く含まれるので
苦みを感じますが皮つきで絞るのと
効率よく栄養を摂取出来ます。