美容&健康のセルフケア 最新情報

食材の健康効果や選び方、マッサージやストレッチなど、誰でも何歳でも今日から実行できる健康管理術を記事にしています

【正しいシャンプーの仕方】間違ったシャンプーは痒み、ニオイ、抜け毛の原因

f:id:moko2moko2:20181116011309p:plain
11月13日(木)TBS系「教えてもらう前と後」

冬になると増える髪のトラブル

30代以降の男女には抜け毛や薄毛・白髪といった

悩みを抱えている方が少なくありません。

乾燥する冬は抜け毛や白髪が増えやすくなります。

そこで、番組で放送され

た正しいシャンプーの仕方をご紹介します。

 

 

1.地肌に皮脂が残る 間違ったシャンプー

間違った洗い方だとこんなに地肌に皮脂が残って、

毛穴につまっていたなんて!

f:id:moko2moko2:20181116235811j:plain

皮脂が頭皮の臭さの原因に...

(左)健康な頭皮
(右)皮脂が詰まった頭皮

 

出典:www.ci-labo.com

 

 

髪の毛の汚れはお湯で7割ぐらい落とせます。

頭皮は皮脂の分泌が多く、蓄積されると

細菌や微生物が増殖し、毛穴を詰まらせ

かゆみ・ニオイの発生、抜け毛

の原因になります。

 

放送では親子3代にわたり、

天皇陛下の理髪師をしていた

青山・赤坂でサロンを経営している

大場隆吉さんが正しいシャンプーの仕方を

教えて下さいました。

 

この記事ではその他の美容のプロの方達の

正しい洗い方のコメントも加筆し

より詳しく、分かりやすい効果的な手法を

細かくお伝えしていきます。

 

2.悪い抜け毛・良い抜け毛

抜けた髪の毛の根本をチェックします。

根本が白ければ成長を終えて抜けた正常なもの。

黒い場合は成長に問題がある可能性があり

細くて短い抜け毛は早死にした髪の毛です。

 

原因は頭皮の余分な皮脂。過剰に皮脂が出て

頭皮が炎症する事が抜け毛の原因となります。

抜け毛は本数よりも質がチェックポイント。

毛根に皮脂が詰まる事は抜け毛や白髪のもと。

その為にシャンプーは正しいやり方で行う事が大切です。

3.予洗いで7割を落とす、正しいシャンプーの仕方

シャンプーをする前にお湯で汚れを落とす

「予洗い」をします。熱すぎると

皮脂を落とすので39度前後で3分ほどが目安。

温度が高すぎると頭皮に必要な油分が流れ

キューティクルにダメージを与えてしまいます。

 

シャワーのヘッドの部分を

頭皮から5㎝ぐらいのところに向け

シャワーの水圧を利用し、髪の毛ではなく

頭皮を指の腹の部分でやさしく

マッサージするように洗います。

4.髪ではなく頭皮を洗う

両手にシャンプーをつけたら

髪の毛の生え際から頭頂部にかけて

指のお腹の腹の部分を使い、

滑らせるように馴染ませます。

 

爪を立てると地肌を痛めます。

更に空気を含むように揉みこむ事で

泡がきめ細かくなり皮脂を落としやすくします。

力加減はを洗う時のようにやさしく。

5.すすぎは洗う時間の2倍

すすぎ時間は洗った時間の2倍

シャンプーが残らないようしっかりと流します。

使用するシャンプーの量は長い髪の毛でも

2プッシュから3プッシュで十分です。

すすぎ時間が短いと皮脂が残ります。

目安は泡を感じなくなって1分以上

シャンプーが髪の毛に残っていると

髪の毛が痛む原因になります。

6.ドライヤーの使い方

ドライヤーは動かさないと

温風が100度以上になり

頭皮・髪の毛に大きなダメージを与えます。

 

ダメージを減らす為

頭皮から20㎝以上離し、常に動かします。

8割以上乾いたら冷風に切り替えると

ハリ・ツヤが出るようになります。

7.大場隆吉さん経営のヘアサロンホームページ

ohba.ne.jp